月別アーカイブ: 2015年1月

年商倍増を構想せよ「ビジネス埋蔵金発掘セミナー」2月日程追加&変更しました!

  こんにちは!
  感動価値パートナー 荻野功一朗です。

さくっとお知らせです。

「感動価値で、あなたの
 ビジネス埋蔵金を発掘する
 セミナー&ワークショップ」

2月日程を大幅変更しました!

最新日程は、下記です。

2/11(水)勝どき区民館10:00〜16:45

2/13(金)勝どき区民館10:00〜16:45

2/19(木)勝どき区民館10:00〜16:45

2/26(木)勝どき区民館10:00〜16:45

セミナー詳細は
こちら→ http://www.adandweb.com/maizo.pdf

PDFを読んだ後の
セミナーお申込は
こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

※各日 先着6名限定!

あああ、歯がゆい・・・!

こんにちは!

荻野は「歯がゆい!!!!」です。

くやしいです。

毎日、毎日。
ときには、迷いながら・・・。
ときには、体調をわるくしながら・・・。
そして、ときには、休みながら・・・。

メルマガやブログ、本を、書き続けてきました。

この12年
コンサルし続けてきました。

それも、これも

中小企業の社長さんに

ひとりでも多く、

幸福に成功してほしい。

それも、めくらましじゃない

ほんとに強い事業。

多くのお客様によろこばれる事業を

つくりあげていってほしい。

そう本気で、おもってきました。

そう考えて

数百冊のビジネス書を読み。

伝説の神様コンサルタントにも
教えを乞いました。

数百名をコンサルしてきました・・・。

時代を超える「価値の法則」を
アップル、ユニクロ、スタバへの
独自の研究から見つけ出しました。

経営の真実を

あなたに、

中小企業の社長さんに

伝えたくて

わたしは生まれてきたのです。

それなのにまだ・・・。

高収益で、集客に悩まない。
お客様も、社員も、
経営者もハッピーになる。
「感動価値経営の秘密」
無料メールセミナーへ

100名も登録いただいていません!

荻野のメルマガは
まぐまぐから2万人超。
ダイレクトに5千人超。
配信しています。

それなのに、
まだ100名も
登録いただいていないのです。

信じられません・・・。

この12年はなんだったのでしょうか?

あなたは、やっぱり
いいかげんな・・・
耳当たりのいい・・・

「バカでも成功できます!」

というノウハウがほしいのでしょうか?

安易なノウハウは、残念ながら
多くの人を不幸にします。

いえ、なによりも
あなた自身が、バカにされていると
いうことに気がついてください・・・。

あなたには、
ほんとうに
やりたいという使命を
実現して

気高く、ハッピーに
幸せになるという
選択肢があるということを
どうか、忘れないでください。

本気で、骨太な
成功の秘密をお伝えしたい!

高収益で、集客に悩まない。
お客様も、社員も、
経営者もハッピーになる。
「感動価値経営の秘密」

無料メールセミナーへ

いますぐ登録ください!
こちらです→ http://www.adandweb.com

そして、経営者でない方は、
このブログの存在を、
お知り合いの社長さん、
幹部さん、部長さんへ
お知らせください。

高収益で、集客に悩まない。
お客様も、社員も、
経営者もハッピーになる。
「感動価値経営の秘密」

無料メールセミナーの存在を
教えてあげてください。
http://www.adandweb.com

必ず「いい情報を
教えてくれた!」と喜ばれます。

          感動価値パートナー

          荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

売上、集客の悩みを解決する「埋蔵金発掘セミナー」。

oginoface1.png

 

 

 

 

ども、感動価値パートナー 荻野功一朗です。

売上、集客の悩みを
解決する方法について
知りたいと思いませんか?

そして、経営のさまざまな悩みを
解決する方法について
知りたいと思いませんか?

荻野は、
コンサル12年の
経験と想いを凝縮して

その解決策をスルッと
まとめました!!

それが
「感動価値で、あなたの
ビジネス埋蔵金を発掘する
セミナー&ワークショップ」です。

売上、集客の悩みを
解決するには
このセミナーに参加して

「あなたのビジネスの
独自の価値を見つけるワーク!」

「年商倍増を構想するワーク!」

「数年後の10倍増を
あえて構想するワーク!」を

やってみましょう。

すると・・・。

なぜか?
「10倍増が、できる気がしてきます。」

そして、ひとまず
「売上げ倍増する」ために
「これと、これをやればいい。」
とうことが
明確にわかってきます。

なぜか?

その理由は

「感動価値で、あなたの
ビジネス埋蔵金を発掘する
セミナー&ワークショップ」の

セミナー詳細を解説した
下記のPDFに書いてあります。

こちら→ http://www.adandweb.com/maizo.pdf

売上、集客の悩み、
経営の悩みを
スルッとまとめて解決する道を

わずか1日で、見つけませんか?

PDFを読んだ後の

セミナーお申込は
こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

※カード払いの一部が申込みできなく
なっていました。すみません。
2月、日程、申込みできます!

では、

売上、集客の悩み、経営の悩みを
スルッとまとめて解決する道を

わずか1日で、見つけたい経営者様
お待ちしております。

「そんな都合のいい話・・・?」

あります。
荻野が12年かけて
つくりましたから〜。

セミナーお申込は
こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

「埋蔵金発掘セミナー」へ感想をいただきました。

荻野顔章

社長が元気になる!
感動価値経営ブログへようこそ。

  感動価値パートナー 荻野功一朗です。

今日は、

「感動価値で、あなたの
 ビジネス埋蔵金を発掘する
 セミナー&ワークショップ」への

ご参加のみなさまから
感想をいただいております。
ご紹介します。

3名の方のご感想です!

まずは、群馬県からご参加の
K社 S.T.様
健康食品のネットショップを経営されています。

「とても、満足しました!

 現状の自分の悩みや、

 行動に移せていない点などが

 はっきりとわかり

 次のステップに、すすめる

 ようになりそうです。

 今の現状から、足りないものが
 
 正しく客観的に見えてきました。」

次は、愛知県からご参加の

パソコン教室経営の社長O.A様。

「大満足です。

 チラシで新規客をもっと
 増やしたくなりました。

 自社の価値が明確になり。

 さらにターゲットが明確になりました。

 売上げ10倍をやってみようか?
 やれそう。の気になりました。

 現状の会社のレベルが確認できました。」

さらに、東京からご参加の

セラピスト向けコンサルタント O.Y.様。

「発見がたくさんあり、よかった!
 
「事業の定義」がまるで抜けていました。

これが大切だということもよくわかりました。

また、「独自性」がなく、ぼんやりで

(自分の会社の良さが)伝わっていないことが

身にしみてわかりました。

しっかり見直して、

もっと、お客様に貢献したいです。」

という感想をいただいています!

ありがとうございます。

荻野が考えた

<年商倍増をめざす経営セミナー>
「ビジネス埋蔵金を発掘する
 セミナー&ワークショップ」は

  詳細PDF
  こちら→ http://www.adandweb.com/maizo.pdf

  セミナーお申込
  こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

「今のあなたの会社の
 他社との競合状況明確化ワーク」
(価値明確化ワーク)

「年商倍増ワーク」

「3年後の10倍増構想ワーク」

を一気に行います。

このことで、

あなたの会社が

業績アップするために

何が必要なのか?
いま、どのレベルなのか?

がしっかりわかります。

「業績アップに必要なものが
 わかるだけ?」

もちろん、それだけではないのです。

しかし、これまでの

コンサルの経験から

ビジネスにとつて

一番まずい状態は、じぶんのビジネスの

現状が、客観的にわからないことです。

たとえば、

「たまたま、何かがうまくいった・・・。」

「あるいは、たまたま、

 チラシ集客やネット集客の反応が

 落ちてきた・・・。」

でも、それがいつまで続くのか?

自分のビジネスの長期的な発展にとって

それが、どんな意味をもっているのかわからない。

そいうのが、いちばんまずいのです。

これを解消するには

(1)あなたのビジネスの「現在地」を確認し、

(2)1年後の年商倍増、(3)3年後の10倍増を

ざっくりと構想してみることです。

この3つを、同時にやってみることで

いままでより高い視野、

広い視野におのずとなります。

そして、自分だけでは

見えてこない

「目標達成のために、

 絶対必要だけど盲点」

だったことに気づくのです。

だから・・・

「(自分の会社の良さが)
 伝わっていないことが
 身にしみてわかりました。」

      セラピスト向けコンサルタント
       O.Y.様。(東京都)

「ターゲットが明確になりました。
 売上げ10倍をやってみようか?
 やれそう。の気になりました。」

     パソコン教室チェーン経営
        O.A様(愛知県)

「今の現状から、足りないものが
 正しく客観的に見えてきました。」
 
 健康食品ネットショップ経営
  S.T.様(群馬県)

という感想を
いただけるのです。

どこが足りないかわかれば
そこを重点に効果的に
手を打てば、
いとも簡単に結果が出るのです。

まずいのは、

ほんとはどこが足りないかを
確認せずに
やみくもに手を打って
結果が出ないと、嘆くことです。

ノウハウにふりまわされている
というのは、そういう状態です。

そして、

「売上げ10倍をやってみようか?
 やれそう。の気になりました。」

という感想は、
きっちり「足りないところ」
「いいところ」がわかったから、

出てくるのです!

「足りないところ」が

わかるってとても大切なのです。

<年商倍増をめざす経営セミナー>
「ビジネス埋蔵金を発掘する
 セミナー&ワークショップ」は

たとえば、こんな
経営者様に、ぴつたりの
セミナー&ワークです。

・本気で業績アップしたい経営者様

・いろいろなノウハウ、コンサルを
 やってみたけど、どうも
 うまくいかない経営者様。

・荻野の提唱する
「感動価値経営」で

 あなたの会社ならではの
 お客様に選ばれる価値をつくり
 利益をふやして、
 お客様も、社員も、社長も
 笑顔になりたい経営者様。

<年商倍増をめざす経営セミナー>
「ビジネス埋蔵金を発掘する
 セミナー&ワークショップ」

お待ちしています!

詳細は、下記のPDFから。
こちら→ http://www.adandweb.com/maizo.pdf

セミナーお申込は
こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

各日先着6名限定

※少人数なので、荻野の
 コンサルもたっぷりやります。

次回日程は

2月6日(金)、
2月11日(水・祝)、
2月23日(月)。
各日10:00〜16:45分

場所:東京駅から電車で15分の
「勝どき区民館」 東京都中央区勝どき1-5-1

料金:3万2400円(税込)

 ※3月より5万2500円に値上げ予定

詳細は、下記のPDFから。
こちら→ http://www.adandweb.com/maizo.pdf

セミナーお申込は
こちら→ http://www.adandweb.com/seminar/maipay.html

おまちしてます。

          感動価値パートナー

          荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

自然界の掟は、弱肉強食ではなかった?

okite

ようこそ!

  感動価値パートナー 荻野功一朗です。

社長が元気になる! 感動価値経営
今日もおとどけします。

虎とウサギは
どっちが強いか?

もちろん虎です。

でも、虎は絶滅の危機に瀕しています。

いっぽうウサギは
繁殖力が強く種として、
ウサギのほうが栄えています。

強いものが生き残るのではなく
環境に適応したものが生き残る。

つまり「弱肉強食」ではなく
「適者生存」が
ほんとの自然の法則です。

これは、企業にも言えます。

20世紀は、規模の経済が
支配していました。
弱肉強食のように見えていたのです。

でも、21世紀は
価値とネットワークの経済です。

ここでの法則は
やはり「適者生存」です。

きのうのノルウェーの漁業のように

価値に注目して、
育てるモデルが有効なのです。

新しい環境に適応した
ものが栄えるのです。

いまの大きさは
問題ではありません。

いまの環境をちゃんと
見ていないこと

自社の価値をちゃんと
見ていないこと

それをやって

自社の「適者生存」の戦略を
みつけること

たとえば うさぎの 戦略は

耳が良く聞こえる 逃げ足が速い

穴にもぐる 繁殖力が強い

これで、うまくいっています。

弱肉強食ではなく、適者生存。

力を抜いて、いいところを見つける。

それが大切です。

          感動価値パートナー

          荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

さようならデフレ発想、本気で「価値」売りへ。

ようこそ!

感動価値パートナー荻野です。

これからの経営の方向性は。
「さようならデフレ発想、
 本気で価値売りへ。」

いってみましょう。



defl







1.円安、原価増大、値上げ続出。

2.そもそも、消費飽和。

3.それでも価値は、買われる。

ニュースをみていると

経営を取り巻く環境が、

またまた激変しています。

――――――――――――――――――――
1.円高、原価増大、値上げ続出。
――――――――――――――――――――

円安が定着し、輸出企業が株価続伸。

その一方で、牛丼チェーンが
苦渋の値上げにふみきっています。

円安のおかげで、さまざまな部材に
価格高騰がおきているのです。

今年は、いろいろな企業で
値上げラッシュがつづくでしょう。

そうせざるを得ないからです。

あなたの会社では、どうでしょうか?

――――――――――――――――――――
2.そもそも、消費飽和。
――――――――――――――――――――

でも、難しいのは

単純に値上げしても、

それが、お客様に支持されるかどうかは
また、別の問題です。

デフレがずっと続いている中
お客様の、商品選考の目は
あいかわらず厳しいのです。

そもそもの時代の大きな流れは、
供給過剰で、消費飽和。
それは、20世紀の終わり頃から
変わっていません。

では、どうすればいいのか?

「価格」ではなく「価値」で売ることです。

「価値」を見つけたり、
「価値」をつくったりして売る。

それが、おおまかな解決策です。

その証拠は・・・。

――――――――――――――――――――
3.それでも価値は、買われる。
――――――――――――――――――――

「価値」を売る会社は栄え、

「価格」を売る会社は、しぼむ。

この流れは、
あいかわらず変わりません。

円安による、
原価高騰を背景にして

ますます。
「価値」を売る会社が
有利になっているのです。

たとえば

わかりやすい事例としては、

イオンは苦しんでいます。
セブンイレブンは、絶好調です。

マクドナルドは、苦しんでいます。
スタバは、好調なのです。

とくにこの2015年は、

「価値」を売る! に

真正面から
取り組む経営が、必要です。

「さようならデフレ発想、
 本気で価値売りへ。」

もう、逃げることはできません。

          感動価値パートナー
          荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

値上げで業績回復した、大手飲食チェーンとは?

nein

 

 

 

 

このブログにようこそ

感動価値パートナー
荻野功一朗です。

値上げで業績回復した、
大手飲食チェーンとは?

その飲食チェーンとは

長崎ちゃんぽん です。

(会社名はリンガーハット)

値上げで業績回復って
興味深いですよね。

その中身を知りたいと
思いませんか?

知りたい?

では、お読みください。
どうぞ。

長崎ちゃんぽんは

悪化した業績を回復させようと

一時、割引クーポンで
お客をあつめようと
していました。
(2005年ごろ)

しかし、これが
少しもうまくいかない。

割引クーポンで
来たお客様は
定着率が悪く
業績回復にはつながりません。

結果、割引クーポンの乱発。
実質 値下げです。

しかも、客数はそれほど
増えなかったよう・・・。

結果、2009年2月は
24億円もの赤字。
そのときの社長は退任。

会長が、社長に復帰し
立て直しに取り組みました。

何をやったか!?

値上げしました。

でも、ただ値上げしても
お客様の支持はえられません。

長崎ちゃんぽんの

価値を、
いまの時代に
あわせて見直したのです。

その結果。

いい野菜がたくさんとれる
長崎ちゃんぽん。

という方針が打ち出されました。

そして、野菜の質を上げるため

安い輸入野菜をやめて

国産野菜に切り替えました!

デフレといわれ
客数が減りつづけるなか
すごい英断です。

ちゃんぽんは

450円から
関東では500円に値上げ

そして

ちゃんぽんと餃子を
食べると
1日の野菜がまかなえる。

など、

「長崎ちゃんぽんの価値」を

上げて、

それを伝える策をとりました。

結果。

2011年2月に黒字。

2014年決算では
増収増益を記録しています。

もう、値引き、値下げでは
経営はうまくいかない。

お客様にとっての

価値を見つめ直し
つくりなおして

利益をふやす。

値上げする。

それが、
袋小路から抜ける道です。

 

感動価値パートナー

荻野功一朗

            ※参考資料 日経BPムック 「値上がり時代を勝ち抜く」(日経BP社)

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓

kksbll0

あなたのビジネスは、どこにつながっているのか? (ドラッカー5つの質問 その(5))

ありがとうございます!!!

 感動価値パートナー

 荻野功一朗です。

 プロフィールは
 こちら→ http://www.adandweb.com/prof/index.html

今日のテーマは

あなたのビジネスは、どこにつながっているのか?

(ドラッカー5つの質問 その(5))

です。いっていみましょう〜!

きのうのメルマガを思い出してください。

企業の目的は、「顧客の創造」にある。

ということです。

では、儲かるお客を見つけて、

欲求にこたえればそれでいいのか?

もちろん、それだけではないのです。

「顧客の創造」を通じて、人々の欲求にこたえ、

社会の発展、人類の幸福に貢献するのです。

「マネジメント エッセンシャル版」には、

あまり書かれていません・・・。

でも、ドラッカーの根底には

「人は自分の価値観に従い、自分の強みで

 社会に貢献する責任があり、

 それが本当の幸せなのだ」という思想があります。

ですので、営利組織(会社)においてもこれが、前提です。

また、ちょっと考えてみれば、わかるのですが。

顧客の欲求にだけ応えていれば

いいということになると

そこには、社会の発展はなく、

幸福や安心もありえません。

果てしない欲望の開発に陥りかねません。

なので「顧客の創造」の先には、

社会への貢献や、人類の幸福への寄与が

視野に入っているのです。

(現実には、そういう企業は

 減っているかもしれませんが・・・。)

顧客の創造(顧客への価値創造)を通じて、

社会への貢献、人類の幸福へ寄与する。

それこそが、

会社の目的であり、ビジネスの目的です。

そのことが、徹底して行われれば

世の中は、幸せであふれるはずです。

まとめ:

    「顧客の創造」を通じて、

     社会と人類へ貢献しよう。

       感動価値パートナー

             荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

「これとあれ」を、明確にすると、業績アップします。(ドラッカー5つの質問 その(4))

このブログへようこそ!

 感動価値パートナー

 荻野功一朗です。

 プロフィールは
 こちら→ http://www.adandweb.com/prof/index.html

今回のテーマは

 「これとあれ」を、
 明確にすると、業績アップします。

です。いっていみましょう〜!

さて、

前回の記事で

ドラッカー5つの質問を書き換えました。

ひとつ目の

「われわれのミッションは何か?」

  ↓

「われわれの目的は何か?」

です。

そして、ドラッカーによると

会社の目的は、「顧客の創造」しかありません。

するとおかしなことに気がつきました。

5つの質問をもう一度見てください。

1)「われわれの目的は何か?」

2)「われわれの顧客は誰か?」

3)「顧客にとっての価値は何か?」

4)「われわれにとっての成果は何か?」

5)「われわれの計画は何か?」

どうでしょうか?  気づくことありますか?

何か気がつきました?

目的が「顧客の創造」であるなら

1)「われわれの目的は何か?」

2)「われわれの顧客は誰か?」

3)「顧客にとっての価値は何か?」

の3つは

ワンセットになっているのです。

顧客が誰かを明確にし

顧客へ価値をもたらすこと。

そのことで、「顧客を創造」することが

目的なのです。

すなわち

「誰に(顧客は誰?)」

「何を(提供している価値は何?)」

が明確になれば、

企業の「目的」も明確になるのです。

つまり、1)2)3)は同時にしか

明確にならないのです。

現状を観察し、

「誰に」「何を」もたらしているのか?

そして、それをこれからどうするのか?

それこそが、企業の「目的」の定義です。

「誰に」「何を」・・・

一見簡単そうですが

実は、ほとんどの中小企業が

この言葉による定義が、できていません。

だから「誰に」「何を」を

明確にすることが、ともかく大切なのです。

なぜ、大切か?

「誰に」「何を」が明確になることで、

ビジネスに、フォーカスが生まれます。

集中力です。

たとえば「誰に」「何を」を

明確にしてそれを

キャッチフレーズや、

チラシやホームページに反映するだけで

集客や、売上は伸びるのです。

まとめ:

   やっぱり「誰に」「何を」が大切です。

     感動価値パートナー

            荻野功一朗

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0

もう、「使命」は古い?(ドラッカー5つの質問 その(3))

ようこそ

感動価値パートナー

 荻野功一朗です。

 プロフィールは
 こちら→ http://www.adandweb.com/prof/index.html

今日のテーマは

「もう、「使命」は古い?

ドラッカー5つの質問 その(3)」

です。いっていみましょう~!

さて、今回も
ドラッカー5つの質問です。

1)「われわれのミッション(使命)は何か?」
2)「われわれの顧客は誰か?」
3)「顧客にとっての価値は何か?」
4)「われわれにとっての成果は何か?」
5)「われわれの計画は何か?」

で、ひとつづつの解説を
しようと
「経営者に贈る5つの質問」
を読み返してみると・・・。

ミッション(使命)に
どうも、ひっかかります。

ミッション(使命)?
なんか、重っくるしいな~。と、感じます。

そう思ってこの本を、読み返すと。

これは、
非営利組織が、成果を上げるために
何が必要か・・・。
ということで書かれた本です。

そう、ミッションという言葉を
中心に成果を上げるという
ことが考察されています。

うーん。なーんか、ひっかる。

そう考えて、もう一つの有名な
ドラッカー本
「マネジメント」(エッセンシャル版)を
ひっくり返してみました。

荻野が見る限り
ミッション(使命)という言葉は
見当たりません。

では、会社やビジネスを根幹で
規定するモノは何か?

それは事業の「目的」であり。
その唯一の
目的とは「顧客の創造」しかない。

と、断言されています。

正確には

「企業は社会の機関であり、
 その目的は社会にある。

 企業の目的の定義は
 一つしかない。

 それは、顧客を創造することである。」

と、書いてあります。

これを再発見して

こう思いました。

「うん、感動価値 経営戦略では

 ミッション(使命)使うのやめよう!」

なぜか?

ミッション(使命)には、

それは、人生やら、命やらを

ビジネスにすべて

差し出すニュアンスが強すぎると、

感じるからです。

会社は、利潤を前提に存続する組織です。

でも、その存在理由(目的)は、

利潤ではありません。

会社の目的は、「顧客の創造」です。

だから、

この5つの質問は

1)「われわれの目的は何か?」

2)「われわれの顧客は誰か?」

3)「顧客にとっての価値は何か?」

4)「われわれにとっての成果は何か?」

5)「われわれの計画は何か?」

と、オギノ式感動価値では

書き直して使います。

なぜなら、ビジネスに人生を

さしだしていては、いつまでたっても

幸福にはなれないからです。

人生の目的は、

ビジネスの目的とは

微妙に違うのです。

だから、会社やビジネスにおいては

われわれの目的は何か?

と、問うほうが

いまの時代にあっていると思います。

使命から、人生をリリース。

すべきです。

人生の目的は、幸福になること

それしかありません。

まとめ:

      使命から、目的へ。

          感動価値パートナー

            荻野功一朗

    (つづく・・・)

追伸:

↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
kksbll0