月別アーカイブ: 2015年10月

「囚われ」を捨てれば、「幸福」が訪れる。

生きているだけで、毎日をすごしているだけで、

われわれは、多くのものに「囚われる」。

生きることに囚われ、苦しみ囚われ、

喜びに囚われる。

愛しいものに囚われ、心の一喜一憂に囚われ、

幸福の幻に囚われる。

囚われているあいだは、幸福はない、自由でもない。

われわれは、ほとんど、そのことに気づくことができない。

しかし、「囚われ」はすべて

われわれの心の中にあるもの。

われわれの心が生み出したもの。

その気になれば、片付けることができる。

「囚われ」に気づき、片付けてしまおう。

そうすれば、あなたの心には、

幸福と自由が満ちあふれる。

「囚われ」に、気づくこと、

手放すことを、決意すること。

それが、あなたに「幸福」と「自由」をもたらす。

これを読む、あなたが幸せでありますように。

感動価値パートナー 荻野功一朗

 

IMG_6647

「比べない」という幸福。

何者とも「比べない」

あなたは、あなた。

「くらべなければ」あなたは幸福である。

「くらべる」から、嘆きを生み出し、不満を生み出し、苦しみを生み出す。

なにもしなくても「あなたはあなた」存在している。

価値があるとないとか、だれがいうのか?

他人の価値観で、自分を裁く必要はない。

「くらべなければ」あなたは幸福。

「くらべなければ」人は皆、幸福。

たとえ、明日、死のうとも。

いつか、人は、死ぬのだから。

「くらべなければ」あなたは幸福。

「くらべる心」こそが、あなたに不幸をつくりだす。

「くらべない」ことは、難しい。

しかし、幸福であるコツは、

ただそれだけ「くらべないこと」。

これを、読むあなたに、幸せと幸運が山ほどありますように。

感動価値パートナー 荻野功一朗

IMG_6659

あなたの幸福を遮断する「奴隷意識」からの解放。

このブログへようこそ。

感動価値パートナー「荻野功一朗」です。

たくさんの方を、コンサル&カウンセリング&観察にもとづいて

また、あなたが幸福をえるために、

いま必要と、荻野が考えることを書きます。

題して

あなたの幸福を遮断する「奴隷意識」からの解放。

です。

なにが、われわれの意識を閉じ込めているのか?

なにが、われわれの社会を歪めているのか?

それは、外部にもあり、われわれの内部にもあります。

敵を、つくってたたいても、それは問題解決にはなりません。

その「敵」のような、実体のないエネルギーに力をあたえるだけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

「敵」は、たしかに存在するように、

わたしたちの心はとらえます。

これをまったく否定することはできません。

問題は、確かにそこにあるのです。

しかし、そこにあるのは「敵」ではないのです。

私たちの「奴隷意識」の反映です。

わたしたちは、すべて、本来、何の制限ももっていません。

しかし、あらゆるきっかけから、

執着が、固執が、わたしたちの心の中にうまれます。

それは、積み重なり、わたしたちの心と環境、社会を次第に

変化させていきます。

意識は、その変化した状態に、やがて隷属するようになります。

重い、重い、不自由な状態であるのに、

それに執着し、再現しようとするのです。

これこそ「奴隷意識」です。

これは、あらゆるレベルでわたしたち自身の中に見いだすことができます。

噂話、不幸自慢、自分で自分にかける制限・・・。

孤立感、万能感、優越感などなど・・・です。

そう、万能感や優越感は、「奴隷意識」の裏返しです。

自分を有意なものと位置づけ「奴隷」という対象を生み出します。

しかし、まったくその優越感を持った人は

自由ではありません、優れてもいません。

ただ、自分の優位性を、作り出すために「奴隷」を必要とします。

これは裏返しの「奴隷意識」です。

もう、時代はずいぶん変わってしまいました。

「奴隷」も「奴隷意識」も「支配者意識」も、うんざりしませんか?

あなたは、もともと「幸福」なのです。

それを遮断しているのは、「奴隷意識」です。

あらゆる外部に、そのきっかけやドラマはばらまかれています。

しかし、それが発生するのは、

ただ、あなたの心の中です。ただ、われわれの心の中です。

現実は、現実としてあります。

一切のジャッジメント=奴隷意識の反映をとめたとき

それは、ただ、そこにあるのです。

自分の中にある「奴隷意識」の発生。

それに気づき、それを手放しましょう。

そして、慈しみが、そこにあれば、

われわれの心にあれば、

それだけで充分なのです。

それだけで幸福なのです。

そして、それで、あなたが、ほんとうにえたいものを

えることができます。

ガラクタはいりません。

ほんとうにえたいもの。それだけが必要なのです。

 

これを読むあなたに、

祝福と幸福が満ちあふれますように!

 

感動価値パートナー

荻野功一朗

写真の著作権は「ajari」さんにあります。クリエイティブコモンズライセンスにより掲載させていただいております。http://www.flickr.com/photos/ajari/4053077192/

写真の著作権は「ajari」さんにあります。クリエイティブコモンズライセンスにより掲載させていただいております。http://www.flickr.com/photos/ajari/4053077192/