カテゴリー別アーカイブ: つかむ広告のコツ

【期間限定】売り込まないから、売れる?「キャッチフレーズの秘密」<11月28日まで、3日間限定>

おはようございます!

経営コンサルタント 荻野功一朗です。

今日のブログは

   売り込まないから、売れる?
   「キャッチフレーズの秘密」

についてお伝えします。(号外です。)

集客アップ、売上アップを考えている
小さな会社の社長さんや、
あるいは、コーチ、コンサル、セラピストなどで
起業している方、起業を考えている方の
役に立つと思います。

よかったらおつきあいください〜!

まず、お伝えしたいことは
次の4点になります。

(その1)
「キャッチフレーズ」はどれくらい大切か?
どれくらい成果を、左右するのか?

(その2)
キャッチフレーズは、かなり難しい?
それとも、カンタン?

(その3)
世の中に、あなたに、ちょうどいい
「キャッチフレーズ」のノウハウがない?

(その4)
売り込まないから、
売れるって、どういうこと?

「キャッチフレーズ」に関しては、
正直世の中に、まともなノウハウがありません。
なので、まずあなたの頭の中を整理していただきたいのです。

今回のブログは、
上の4つの途中までになるかもしれませんが
いってみましょう!

おっと! その前に、
すぐに、つかえるノウハウを
手に入れたい人は
下記のページを見てください。

こちら↓

たった3回読んだだけで
あなたもキャッチフレーズが
ザクザクうかぶ?

「キャッチフレーズひな形48」です。
https://goo.gl/3yEYJI

ソニー、キヤノン、マイクロフトなどにも
提供してきた、荻野のキャッチフレーズノウハウを
ギュギュッと、使いやすく凝縮した
キャッチフレーズのカンニングペーパー
「キャッチフレーズひな形48」です。

特別価格での提供は
3日間限定、28日まで!
特別価格 3万1千3百円!
(それ以降は、通常価格は6万4800円)

詳細&ご購入はこちら↓
https://goo.gl/3yEYJI

上記のページにも売れるノウハウが
満載ですので、チェックしてみてくださいね。

では、お知らせはこれくらいにして!

(その1)
「キャッチフレーズ」はどれくらい大切か?
どれくらい成果を、左右するのか?

から、いってみましょう!

まず、ソニー、キヤノン、マイクロフトなど
そんな大手の広告、パンフなどを手がける
コピーライティング、広告の本当のプロは
何を重視すると思いますか?

答えは〜! キャッチフレーズです。

アイデア出しの段階においては、
キャッチフレーズ案づくりに
95%の時間を投入します。

そして、何十本も、
ときには100本以上も
キャッチフレーズをつくります。

なぜ、でしょうか?

それは、キャッチフレーズこそが
広告の方向性を、決める
ポイントになるからです。

たとえば、野球で言えば
ピッチャーなのです。

それが、キャッチフレーズです。

具体例を上げましょう。

「そうだ 京都、行こう。」

というJR東海で
長年使われている
キャッチフレーズが、あります。

いまでも、現役で使われている
ものなので
これは、誰もが知っている
キャッチフレーズではないでしょうか?

たぶん、史上もっとも長く使われていて
そして、多くの売上をたたき出している
キャッチフレーズです。

どれくらいかというと・・・

これは、新幹線の売上げアップに
貢献している広告です。

JR東海の新幹線の売上げはなんと
年間1兆2750億ほどあります。
(2013年の起業発表から計算)

そして1993年から、ずーっとこの
キャッチフレーズが使われているのですね。
20年以上も。

なので、この売上の5%の貢献だとしても
1兆円ぐらいは稼いでいる
キャッチフレーズになります。
(少なめに見てですね・・・。)

このくらい
いいキャッチフレーズというのは
インパクトがあるのです。

それくらい成果が上がるのです。

でも、ここで
大切なポイントがあります。

「キャッチフレーズは、売り込まない。」

ということなのです。

「うーん。なんとなくわかるけど
それってどういうこと?」

と、思いましたよね。

ということで

次回のブログは、
その当たりからいきたいと思います。

(その2)
キャッチフレーズは、かなり難しい?
それとも、カンタン?

(その3)
世の中に、あなたに、ちょうどいい
「キャッチフレーズ」のノウハウがない?

(その4)
売り込まないから、
売れるって、どういうこと?

ですね。

         経営コンサルタント
         荻野功一朗

       追伸:

たった3回読んだだけで
あなたもキャッチフレーズが
ザクザクうかぶ?

「キャッチフレーズひな形48」
https://goo.gl/3yEYJI

ソニー、キヤノン、マイクロフトなどにも
提供してきた、荻野のキャッチフレーズノウハウを
ギュギュッと、使いやすく凝縮した
キャッチフレーズのカンニングペーパー
「キャッチフレーズひな形48」です。

いまなら、3日間限定で
特別価格 3万1千3百円!
(それ以降は、通常価格は6万4800円
 特別価格も、少しずつ値上げ!)

詳細&ご購入はこちら↓
https://goo.gl/3yEYJI

上記のページにも売れるノウハウが
満載です、要チェックです!

年齢肌に・・・つかむ広告のコツ(38)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年のコピーライター経験、13年のコンサル経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

年齢肌に
深いうるおい、
力強いハリ。

 

ドモホルンリンクル

 

 

広告主:再春館製薬所
掲載媒体:2016/8/6 日経新聞 プラスワン
========================

年齢肌用の化粧品「ドモホルンリンクル」の無料サン
プルの広告です。

なんと8点もあります。スゴク効きそうですね。

「年齢肌用の化粧品」とサラリと書きましたが、この
コトバを一般的なものにしたのはこのドモホルンリンクル
なのです。

それまで「年齢肌」という言い方は、あまりなじみが
ありません。

シワ、タルミとか直接にいうよりも印象がいいですね。
このコトバの発見が、ブランドをつくっています。

そのせいか、広告もあまりくどい話はないですね。
通販にはめずらしく、積み重ねでブランドができている
広告なのです。

市場創造者だからこそ、「年齢肌」というコトバから
ぶれない。

そういう安心感があります。でも、これはパイオニアで
あること、さらに積み重ねてきたことこのふたつがある
からできることです。

こういうのがブランド資産といわれるのですが・・・。
そのまえに、「年齢肌」のいいだしっぺであることが強い
のです。

このコトバと、変わらない品質が、ブランドなのです。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

お客様のお悩みを、
いいあらわす独自のコトバを考えてみよう。
(かなり高度)

 

 

これが、今回のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

60代、70代が求めている・・・つかむ広告のコツ(37)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年のコピーライター経験、13年のコンサル経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

60代、70代が求めているのは、ハリ。
横顔のフェイスラインにも。

 

 

 

7日間体験セットで
お試しいただけます。

エファージュ
トライアルキット
1300円

 

 

広告主:サントリーウエルネス株式会社
掲載媒体:2016/7/30 日経新聞プラスワン
========================

60代、70代女性に向けた化粧品です。何度も
見る広告です。それだけ売れているということです。

このジャンル、男目線ではそれほど需要があるの
が不思議かもしれません・・・。

でも、ドモホルンリンクルや、富士フイルムなど
参入があとを立ちません。しかも、規模がでかい。
つまり、根強いニーズがあるのです。

こうなってくると、各社は、それぞれの個性と
いうか特徴を打ち出してくる戦いになります。

このエファージュは、このキャッチにあらわれ
ているとおり。

「年齢高めの方のハリ」に強みがあるのです。
ここがこの商品の「戦略」です。

キャッチフレーズと「戦略」が、連動している
ことこれはとても大事な点です。

これによって売上が変わってくるのです。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

どこを一番強く、訴えるか? 戦略的に考えよう。

 

 

これが、今回のポイントです。

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

手に入れるなら・・・ つかむ広告のコツ(36)

 

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年のコピーライター経験、13年のコンサル経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

 

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。
========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

手に入れるなら、
ザイロン素材の
高強度航空自衛隊ジーンズ。

 

 

EDWIN503 撃 ブルーインパルス

 

 

広告主:株式会社 日本経済社

掲載媒体:2016/7/27 日経新聞 夕刊
========================

なんと、航空自衛隊仕様のジーンズです。このキャ
ッチにあるように、ハードな素材で仕上げています。

ふつうの2倍のタフさだとか。なんとなく、わく
わくしてきて、買おうかという氣になってしまい
ますね。

お店では手に入らない。そして、自衛隊仕様の
タフさ。これは試してみようという気になります。

キャッチフレーズは、その商品企画の良さをそ
のまま取り上げています。

1行目は、ひろくつかみ。2行目で素材に興味
をもたせ、3行目で印象的な商品名。

見事な流れの3行です。男なら、ちょっと氣に
なるジーンズですね。

シャア専用ザクとかに通じる、シズル感があり
ます。

その世界も、とうふとか、おかしとかで、けっ
こうなネタになっていますね。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

なんとか仕様の特別品は、できないか?

 

 

これが、今回のポイントです。

 

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

魚を食べる日も・・・ つかむ広告のコツ(35)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年の経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

魚を食べる日も、
食べない日も、
青魚のサラサラ習慣。

 

 

大正DHA・EPA

 

 

広告主:大正製薬株式会社
掲載媒体:2016/7/26 日経新聞 夕刊
========================

健康食品の通信販売の広告です。魚が、右側に写っ
ています。

キーワードは「青魚のサラサラ習慣」ですね。
そんな良い状態を連想させる。

それを手に入れるために、このサプリをとりま
しょうということですね。

その手前に、魚を食べる日も、食べない日もという
誰もが思い当たるキーワードが入っています。

「日常への共感」から、「理想の状態を連想させる
キーワード」へ導いているのです。

こんな短い中で、ここまでの芸当ができるのが、
キャッチフレーズのすばらしさですね。

この場合は「DHA・EPA」が高配合というのが
ハードな売りです。でも、それだけだと、共感でき
ないので、欲しくならないのです。

ましてや、競合の多いこの分野。いかに「共感」を
ひきだすかがポイントになっています。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

あなたが連れて行きたい「世界」は、どこ?

 

 

これが、今回のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

シリアルポートや・・・ つかむ広告のコツ(34)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年の経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

 

シリアルポートやPCIスロットがある
パソコン、必要な現場はまだ多い。
だから、エプソンPCは対応しています。

 

 

 

そこに、応える。

エプソンPC
@WORK

 

 

広告主:エプソンダイレクト株式会社
掲載媒体:2016/7/20 日経新聞 朝刊
========================

パソコンの裏側に、昔ながらのシリアルディスプレイ
ケーブルを近づけている写真です。

そのパソコンには、シリアルポートやPCIスロットが
あるというズバリの写真。

ちょっと斜めのアングルで、かっこよくレイアウトされて
います。

そういうビジネス現場での使いやすさを考えた、パソコンの
広告ですね。これも、通販です。法人向けですが。

ビジネス現場の要望に即したパソコンを直販する。高性能を
訴求するのではなく、現場の要望に応える。

その強みに、フォーカスした広告です。ほかの会社の訴求より
も身近で、きめ細かなイメージですね。

どこに、焦点をあてて訴求するか? それによって訴求力その
ものが違います。

競合の大部分が、もし、最新性能、高性能ばかりだったら。これ
はダンゼン目立ちます。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

 

訴求ポイントを、あえて絞るとすれば?

 

 

 

これが、今回のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

3秒に1本・・・  つかむ広告のコツ(33)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年の経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

 

サントリー ” セサミンシリーズ ”

3秒に1本お届けししています。

 

 

 

広告主:サントリーウエルネス株式会社
掲載媒体:2016/7/20 日経新聞
========================

セサミンシリーズ(健康食品)が売れています!
という広告ですね。

ただ売れています・・・。よいうとりもこう数字に
出すといいということです。

3秒に1本ってスゴイのが実感できますね。

数字は、明確なので、つかみも強いのです。こんな
ふうに何かの実績をいうときにあえて数値をわかりや
すくしてみましょう。

これも「年間何本」→一日何本? えっ24時間でわっ
たら? おっ「3秒に1本」これいいねえ!

という感じですね。いかに脅かすか? いかにパワーワー
ドを入れるか? そういうバカなテクニックが蔓延してます。

でも、お客様は、そんなバカじゃないですね。

ちゃんとこうして、アタマに汗を書いて、より伝わりやすく
していきましょう。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

実績を、どんだけ、
わかりやすい数字に、変換できるか?

 

 

これが、今回のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

人の名前が出てこない・・・ つかむ広告のコツ(32)

 ※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

 

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年の経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

人の名前が出てこない。
それは、「ある栄養の不足」が
原因かもしれません。

 

 

 

サントリー
オメガエイド

 

広告主:サントリーウエルネス株式会社
掲載媒体:2016/7/16 日経新聞 朝刊
========================

オメガエイドという名前の健康食品の広告です。
DHA、EPA、ARAという成分が補えるものです。

大学教授の写真がでていて、このキャッチ
フレーズを解説風の演出です。

広告によると、「考える」「思い出す」は
とてもエネルギーを使うようです。そこを強
化するための栄養補給そんな感じですね。

キャッチでは、ありそうな感じの「ちょっと
まずいこと」をとりだしています。

年齢を感じていて、こんなことがちょくちょ
くある人にフォーカスしているのです。

そこで感じるかすかな痛みをクローズアップ
して、年齢の影響を補うことができそうという
ことを全体として伝えています。

健康食品なので、できそう。これが原因かも
というぐらいしかいえないのですね。

ターゲットに向けて「あるある」を指摘する。
そして、その痛みを解決できそうということで
引きつけ、そして、お試し商品の請求につなげ
ています。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

 

見込み客がもつ
「あるある」をクローズアップしよう。

 

 

 

これが、今回のポイントです。

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

きれいに・・・ つかむ広告のコツ(31)

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

きれいにくらす

 

 

 

小学館の女性誌が、マンションとコラボレーション!

「オーベルグランディオ三郷中央」誕生!

 

広告主:大成有楽不動産 企画・運営 株式会社日本経済社
掲載媒体:2016/7/12 日経新聞 朝刊
========================

マンションの広告なのですが、Anecan専属モデルの
有村実樹さんが、全面に出ています。

この人の笑顔があってこそ成り立つ「キャッチ」です。

ただ、きれいな部屋の写真や、あまりキャラがわから
ないモデルの写真では、訴求力が弱いと思います。

ライフスタイルのシンボルとなる人のリアリティが
あってこそです。

ふつうのマンションではもう売れない。ライフスタイ
ルを売るなら「選ばれる」ということです。

「きれいにくらす」は、コトバ的には、なにげないで
すね。この有村実樹さんといっしょに出てくると、その
世界観がとてもリアルに感じられます。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

世界観、ビジュアル、キャッチの一貫性を考える。

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

50代。上がれば・・ つかむ広告のコツ(30)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

50代。上がれば無敵。

 

 

たるまない毎日へ。
Liftage

 

広告主:サントリーウエルネス
掲載媒体:2016/7/11 日経新聞 夕刊
========================

美容系のドリンクの広告です。やはり通信販売。
広告主はサントリーウエルネス。

サントリーの通販会社ですね。やはり、広告づくり
うまいです。

ターゲットの絞り方、そして、コトバの切り方。
ポジティブなイメージを感じさせながら、問題点も
共有できています。

「何が、上がるの?」と男性はぼけてしまいそう
ですが、女性にはしっかり伝わります。

とくにターゲットとなっている50代以降の女性
には・・・。

こういう切り方は、コピーの勉強だけではダメです。
小説や詩に多少なりとも親しんでいないとできません。

コトバを削ると、読んだ人の想像力がはたらくのです。
「間」ができるのですね。

そうすることで、参加性がうまれます。(つまり、ツカ
ミ力は強くなるのです。)


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

もっとコトバを削ってみたら?

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密