つかむ広告のコツ(16)人の名前が出てこない。

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが選ばれる大きな要因です。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

人の名前が出てこない。
それは、「ある栄養の不足」が
原因かもしれません。

 

 

 

サントリー
オメガエイド

 

広告主:サントリーウエルネス
掲載媒体:2016/6/19 日経新聞 朝刊
========================

けっこうキャッチフレーズが語り尽くしています。
問題は「ある栄養」ですね。

なんとなく思い当たる節がある。そんな人は・・・。
どんな栄養か気になりますね。

というわけで、キャッチフレーズ、広告の詳細。そして、
サンプル商品請求という流れができています。

この広告。本文もなかなか上手。薬事法ギリギリのところ
を攻めています。

いまの「悩み」を提示し、その原因はこれ・・・。それなら
この商品。そういうキャッチ&流れです。参考になります。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

 

お客様の悩みと、その原因を伝える。

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

マスターコンサルタント
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です