つかむ広告のコツ(17)夢よ、もう1階。

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが選ばれる大きな要因です。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

夢よ、もう1階。

 

 

 

積水ハウスの3・4階建て

 

 

 

家に帰れば、積水ハウス。

 

広告主:積水ハウス
掲載媒体:2016/6/23 日経新聞 朝刊
========================

積水ハウスのの3・4階建ての広告です。いい感じの
3階建ての写真とともに、このキャッチフレーズがあり
ます。

「夢よ、もう一度。」という定型句を、もじったもの
ですね。

だじゃれっぽいと思うかも知れませんが、とても、
いい感じでまとまっています。

一階増えることで、夢もひろがる。そういうところと
ひっかけています。

こういうのは、誰にでもできそうですが難しいです。

手法そのものは、聞いたことのあることわざや映画の
タイトルなどを借りてきて、いじるだけ。

なんですが、下手するとオヤジギャグになってしまい
ます。

この場合は、家を建てる人の「想い」とかさなるひと
言になっています。

その微妙なリアリティが、オヤジギャグと一線を画し
ているのです。(たぶん読心術に近いものがあります。)


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

お客様の「つぶやき」を読み取る。

 

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

マスターコンサルタント
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です