つかむ広告のコツ(19)夕方になると新聞を読むのが・・・

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが選ばれる大きな要因です。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

 

夕方になると新聞を読むのが・・・

 

 

 

まず、お試しになってみませんか?
アマニ油&ルテイン

 

広告主:日本デイリーヘルス株式会社
掲載媒体:2016/6/27 日経新聞 夕刊
========================

健康食品の広告です。テーマは目ですね。話題の
アマニ油と、ルテインを配合した製品のよう。

この広告、夕刊の一面下に掲載されています。
そこで、この「夕方になると新聞を・・・」

タイミングバッチリですね。日経を読む人の
多くが、うなずくのでは?

ターゲットである中高年には、ピッタリですね。
これもストレートな「つかみ」です。

でも、その「痛み」をまさに感じている瞬間を
切り取っています。

これは、反応率高いでしょうね。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

 

タイミングもキャッチフレーズに利用する。

 

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です