ザ・コピーライティング

肥満症は・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】6

By 荻野功一朗

キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

肥満症は病気です

 

 

ナイトシールの漢方エキスが効く。

ナイトシール85

 

広告主:小林製薬
掲載媒体:2010/10/29 日経新聞 朝刊
=================================

ビジュアルでは、ポッコリおなかと、その断面のCTスキャンがならん
でいます。

かなりドキッとさせられる広告。はっきり言って少し、どぎつい表現です。
でも、この広告の商品は、医薬品です。どぎつい表現であおっても、はっき
り「効く」と言えるのです。

だからこそ、肥満症が病気であることを強調しているのです。効果がある
というお墨付きがあるからこそ、どぎつい表現も活きてくるのです。

それと、この場合は、ふつう太っている人は、太っていることそのもを
病気だとは思っていません。それを、あえてはっきり指摘しているのです。
そのままでは、危ないですよと教えてあげているのです。

ある意味、親切な脅しなのです。医薬品まで、つくっているのだから、
実は、むちゃくちゃ親切ですね。

ただ脅すだけではなく、その解決策もちゃんと示す。そして、読んだ
人にその必要性に、気づいてもらう。

どぎつくて「えっ」と思いますが、「つかみ」は強いし、解決策もある
ので、効果的な広告になっているのです。

この場合の「つかみ」のポイントは、気づいていない必要性(痛み)を
示すということです。事実として、伝えているのです。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

 

お客様が気づいていない「痛み」を教えてあげよう。

 

 

 

荻野功一朗


キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>