ザ・コピーライティング

現金が出てくるパソコンは・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】7

By 荻野功一朗

キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

現金が出てくるパソコンは、
さすがにできませんが・・・。

 

 

 

サービス一丸。

みずほ銀行

 

広告主:みずほ銀行
掲載媒体:2003/8/6 日経新聞 朝刊
=================================

新聞の横3/1(5段といいます)を使った小型広告です。

みずほ銀行のパソコンバンキング「みずほダイレクト」の
告知をネタにしながら、みずほ銀行のイメージアップを図っています。

「お客さまの身近な窓口」めざして、と結ばれてますので、
こちらの意図がメインだと思います。

実をいうと今回も、つかみが少し弱いのです。この広告惜しいのです。
キャッチを少し変えると、つかみが強くなります。では、やってみましょう。

 

現金が出てくるパソコン。

 

は、さすがにできませんが・・・・。
「みずほダイレクト」は、お客さまの身近な窓口です。

いちばんつかむ要素を分離して、立たせてみました。こうすることで
グッとつかみが出てきます。

しかし、実際の広告の目的としては、元のままで正解です。
なぜなら、ソフトなイメージアップを重視したのだと思います。

それはさておき、つかみの解説です。

これは欲望にダイレクトにつながっています。
「現金がでてくるパソコン」エッと思います。
そんなのあるのか?と立ち止まります。

ただし、これをストレートにやりすぎると、
信頼がなくなりますから、

この広告のように、受け皿をよく考えて、使いましょう。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

欲望をふりむかせる、キーワードを使う。

 

 

荻野功一朗


キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>