ザ・コピーライティング

そのこだわりで、・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】8

By 荻野功一朗

キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

そのこだわりで、銀行も選んでほしい。

 

 

 

Citibank

 

 

広告主:Citibank
掲載媒体:2005/7/21 日経新聞 朝刊
=================================

荻野です。あらためて、おはようございます。最近、ご縁があって
ネットショップオーナーのみなさんへのグループカウンセリングを
行っています。

売上げアップをするために、たくさんのページを拝見しました。そこ
で気づいたことがあります。

売るページでは、キャッチフレーズがとっても大事。それが、
成功の比重の50%ぐらいのウェイトを占めている。

そして、キャッチフレーズにおいては、「誰に」フォーカスするか
ということがこれまた大切。

これまでも、荻野が言ってきたことでもありますが。その大切さを
改めて実感しています。

ということで、今日の広告、キャッチフレーズがまさにそれ。「いろ
いろなことに、こだわりがある、違いの分かる人。もちろんそれに見
合った年収・資産をもっている人。」に焦点を当てています。

そんな「こだわり」がわかるあなたみたいな人のための銀行です。
と言っているのですね。

キャッチフレーズだけ見ると、アッサリして見えます。でも、ちゃん
とターゲットに、フォーカスするということがとっても大事なんですね。

キャッチフレーズの効果から言うと、ターゲットの方へ確実に、
共感してもらえるものになるわけです。

いうなれば、鋭く、強く、しかも、さりげなく。という見え方に
なってくるのです。

あなたのキャッチフレーズで「誰に」が浮かんできますか? もし、
それが、「売る」ためのホームページや広告だったら、それが重要です。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

 

「誰に」向けた、キャッチコピーか、点検してみよう。

 

 

荻野功一朗


キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>