ザ・コピーライティング

TVCMで・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】11

By 荻野功一朗

キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

TVCMで「みどりのそよ風」を合唱している
子供たちの顔色が悪く見えるのは、
日当たりが悪い敷地のせいかと思っていますが、
あそこに明るい家は本当に建つんでしょうか。
(杉並区 Nさん60歳)

 

はい建ちます。

太陽と風の家

ヘーベルハウス

 

 

広告主:ヘーベルハウス
掲載媒体:2006/8/18 日経新聞 朝刊
=================================

なんというか、笑っちゃいませんか? やけに細かくて、リアリティが
ある。「子供たちの顔色が悪く見えるのは、」とかですねぇ。

でも、実際はかなり強引に、家の話にもっていっていますね。こういう
のはもう、この広告を考えたコピーライターや製作チームの持ち芸だとも
言えますね。

でもそれでは、「つかみ」のコツをつたえたことになりませんから、もう
ちょっと解説してみましょう。

もちろん、TVCMが流れていることも「つかみ」の一要素ですね。でも
この広告は、これだけでかなり「つかみ」があります。

このキャッチフレーズは、お客様からの声ですね。そして、やたら長くて
ちょっとリアリティがある。

キャッチフレーズとしては、ふつうは短く、目立つようにということなん
ですが。

これは、その真逆をやっています。そして、お客様発言の細部になんか
リアリティがあるのです。

それを、この大きさ、このレイアウトで思い切りよくデザインしたこと
も、「つかみ」の一要素ですね。

そして、これが、お客様発言で、疑問形になっていること。これも、
いきなりのキャッチよりも「つかむ」要素なんです。

いきなり、いい家が建ちますというより、疑問から入った方が、うけ
いれられやすいのですね。これ地味ですが、効果的です。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

お客様の疑問を、使おう。

 

 

荻野功一朗


キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>