ザ・コピーライティング

血糖値が気になる人の・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】14

By 荻野功一朗

キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

血糖値が気になる人の
スープ健康法

 

グルコデザイン
(チキンコンソメスープ)

 

 

広告主:株式会社ビイ・エス・ティ、日清ファルマ株式会社
掲載媒体:2003/8/14 日経新聞 夕刊
=================================
スープを売る、通販の広告です。ボディコピー(説明本文を広告では
こう呼びます。)では、このチキンコンソメスープがなぜ血糖値が気に
なる人にいいのか丁寧に説明してあります。

さらに左側には商品写真・商品ロゴ、価格が記載されています。商品
購入方法であるフリーダイヤルも大きくデザインされています。

これは通販広告では重要なことですね。また、夕刊のラジオ・テレビ
欄の下に大きな広告スペースをとっています。

この面は注目度も高いのですが、広告掲載費もそれなりに高いはず
です。つまり、この会社は、儲かっているのです。

このキャッチがなぜ人をつかむのか? 広告としては地味です。

しかし、確実に売りたい人をつかみ、さらに売ってしまうと
言うことに関しては、こうした通販広告は参考になります。

このキャッチフレーズのツボは「血糖値が気になる人の」と呼び
かけるべきターゲットに確実に呼びかけていることです。

関係ない人は通り過ぎてしまうけれど、ひっかかる人は確実に
ひっかかる。

そんな計算ずくのキャッチフレーズです。ターゲットに
ストレートに呼びかけることは、当たり前のように思いますが
有効なつかみワザです。

この広告は、そのままの原稿が何度も載ります。ということは、
反応がそれなりの数あり、採算にあっているということです。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

ターゲットに、しっかりと呼びかける。

 

 

 

荻野功一朗


キャッチフレーズ・マーケッター、行動する思索家、人間

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>