ザ・コピーライティング

わたしは、・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】60

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

わたしは、タカタです。

 

 

 

TAKATA

広告主:タカタ株式会社
掲載媒体:2005/1/26 日経新聞 朝刊
=================================

この広告。キャッチだけ見てもさっぱりわかりませんね。でも、シリー
ズで展開しているこの広告、それなりに印象に残っていませんか?

この広告シリーズの目的は、企業の知名度を上げ、さらに、企業のイメー
ジアップをすることがメインのようです。

もう少し、注意深く見ていると、「カーメーカーに安全システムを提供して
いる安全に強い会社」であることを訴えています。

そういう印象を持ってもらうと同時に、タカタという名前を覚えてもらうこ
とを目的とした広告のようです。

なんで、そうしているかなと、本文をよく読んでみると、「チャイルドシート」
につながっています。

ははあ、「チャイルドシート」を売り出したので、知名度アップと、品質を
訴えたいのだなということがわかります。

ただどちらかというと、企業イメージと知名度アップというほうがメインです。
企業イメージを印象づけるのだ、98%割ぐらいの感じです。

おそらく、この広告シリーズのメインの目的はそれです。

どちらにしても、この場合は、TAKATAのロゴがかなり重要な役割を
しています。濃い朱色と、白抜きのロゴ。これを、印象に残ります。

そして、もしチャイルドシートが必要な時、店頭にいったら、このロゴを
少し思い出すはずです。

そういうときに、この広告は、少しだけ、この会社のチャイルドシートを
選ぶ、自然な後押しになっています。

この広告は、これでいいのです。こういう目的です。

ただし、買う決定的な決め手にはなりません。それは、別の手もうたないと
いけません。そのあたりの違いを認識して使い分けるのが、賢いマーケッター
というものです。

会社の名前と安全志向を印象に残すという目的では、「わたしは、タカタです。」
というコピーと硬質なビジュアルがうまく機能しています。

ほんとうに、考え抜いた末に、ムダなものを省いた、キャッチフレーズになっ
ています。


今日の「つかみ」ポイント:

 

シンプルに訴えるのが、効果的なこともある。

 

 

>