ザ・コピーライティング

トラックが止まると・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】62

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

トラックが止まると、
暮らしは止まる。

 

 

 

都民生活を支える
トラック輸送が、
危機的状況に
陥っています。

 

 

 

 

安心・安全な輸送を維持する
ために、適正な運賃が必要で
あることをご理解ください。

財団法人 東京都トラック協会

広告主:財団法人 東京都トラック協会
掲載媒体:2005/11/22 日経新聞 朝刊
=================================

人は自分と関係ないことには、あまり関心をもちません。この広告は
その事実を、あらためて感じさせてくれるます。

つまり、広告やホームページで、人を「つかもう」と思ったら、その
ことを思い出さないといけないのです。

この広告で言いたいことは、とどのつまりは「トラックがいろいろ大変
なので、適正運賃にご理解ください。」ということですね。

なんですが、いきなりそれを言っても、だれも聞いてくれないのです。
トラック輸送が、どう自分たちと関係あるかを、感じてもらわないとい
けない。

そんなわけで、「暮らしが止まる」と、トラックとあなたの暮らしとの
関係を、とりだしているのです。

かなり、大げさにやっていますが、それぐらいしないと、トラックと
あなたの暮らしの関係に気づいてもらえないのですね。

その関係を、わかりやすく表現することで、この広告のつかみはでき
ているのです。


今日の「つかみ」ポイント:

 

あなたが、売りたいものは、見た人とどう関係がある?

 

 

>