情報発信が、究極のコロナ対策!?その理由とは?

コロナ対策はネット資産構築で

あなたが、起業家、経営者なら、情報発信は、究極のコロナ対策になります!その「理由」と「情報発信の驚きの効果」について、お伝えします。

前回のブログ記事

「コロナ・ピンチを、

大チャンスに変える方法」は、

お読みいただけましたか?

https://wp.me/p52K7C-BS

5つのステップで

「コロナ・ピンチを、

大チャンスに変える方法」と

「成功事例」をお伝えしました。

5つのステップとは

下記のステップです。

(1)課題特定

(2)対策創造

(3)情報発信

(4)集客・販売

(5)売上・利益

この5ステップは、

汎用性をもたせるため

少し抽象的でした。

なのですが

コロナに限らず

ビジネス改善全般に使えます。

しごく正統派の

ビジネス改善のプロセスだからです。

でも、これを書いていて

「大発見」がありました!

それは、

スモールビジネスでは

「情報発信」が

ビジネス発展の

「キモ」である

ということです。

前回のブログ記事を

書いていて

気づいたことがあります。

それは、

コロナで起きている不具合の

原因も対策も

出尽くしているわけです。

コロナ対策とは

つまるところこれですね。

(1)「感染防止に務める」

   ↓

(2)「それでも、売れるようにする。」

(対面では非接触、非飛沫など。

 デリバリー、通販に力を入れる)

ということにほかなりません。

(1)課題特定

(2)対策創造

ここは

似たりよったりなのです。

実際に

成果に大きくつながるのは

(3)情報発信

です。

インターネット、

SNS、動画、メルマガはもちろん

出版、マスコミ対策、

などなど

その際に

大きな違いが出てくると

荻野は

気づきました

情報発信を

効果的に

行うには

自分たちの

活動が

客観的に

捉えられていないと

うまく

伝えることができない

ということです。

丸めて便利な言葉を使うなら

「情報発信リテラシー」の

あるなし優劣で

大きな差がつくということです。

いや、それ以前に

情報発信を

行なっている/行なっていないで

大きな違いが

現れます

まずは情報発信を

やるように

心がけてください

やること

そして

場数をふむこと

その上で健全な

向上心をもつこと

それが大事ですね

インターネットが当たり前の時代には

情報発信しないのは

存在しないも同然では

ないでしょうか?

そこにコロナが

加わり

ますます

その傾向に

拍車がかかっていると

思いませんか?

情報発信リテラシーの向上や

ノウハウについては

おいおいお伝えしたいと思います。

 

(C)2020荻野功一朗&(株)アド・アンド・ウェブ

※商品名、会社名などは各社の商標、登録商標です。