究極のコロナ対策「ネット資産」に必要なパーツとは?

コロナ対策はネット資産構築で

PexelsによるPixabayからの画像
 

このブログへようこそ

荻野です。

 

究極のコロナ対策

 

ネット資産構築の話です。

 

今日は、ネット資産構築に

必要なパーツについて

お伝えします。

 

抽象度を上げてパーツを分類すると

4つの部分にわかれます。

 

(1)集客のしくみ

 

(2)関係構築のしくみ

 

(3)商品販売のしくみ

 

(4)ブランド

 

この4つです。

 

はじめは

あまり4つ目は

考えなくてもいいかもしれませんが

 

ネット資産化では

ビジネスの継続性を重視しますから

ブランドについて

意識する必要があります

 

ですので

 

上記の1から4は

 

本当は

こう書くべきなんですね

 

(1)集客のしくみ/ブランド

 

(2)関係構築のしくみ/ブランド

 

(3)商品販売のしくみ/ブランド

 

どういうことかというと

 

ブランドは各段階で

意識されるべきものなのです。

 

それが差別化というものですが

 

個人起業家や起業・副業の場合は

どうすればいいのでしょうか?

 

このブランドは、もう、生き様とか、

そういうものになってきます・・・。

この話は本が一冊かけそうなので

また別の機会に

 

今回は

 

ネット資産を構築するには

3+1のパーツが必要と覚えていてください。

 

形として見えやすいのは

やはり下の3つ

 

(1)集客のしくみ

 

(2)関係構築のしくみ

 

(3)商品販売のしくみ

 

そして、みんなが大好きなのが

 

(1)集客のしくみ ですね。

 

前回の記事で少し触れたのですが

集客で

 

いま旬なのが

 

Youtubeだということです。

 

そして

ブログは地味ですが

安定しているし

動画である Youtubeに比べて

手軽に積み上げができるのです。

 

ほかにも

Twitter、インスタグラム、

Facebook、メルマガ、Line@、

noteなどなどがありますが

 

いまやるなら

ブログを母体にするのが良いと考えています。

 

なぜなら、

積み上げができること

そして、他メディアへの応用が効き、

積み上げの結果

キーワード検索からの流入が見込めるからです

書き続けることで

信頼構築にもなります。

 

今日のまとめ:

 

ネット資産構築は、ブログからスタートしよう。

 

 

—————————————————

(C)2020荻野功一朗&(株)アド・アンド・ウェブ

 ※商品名、会社名などは各社の商標、登録商標です。