きれいに・・・ つかむ広告のコツ(31)

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

きれいにくらす

 

 

 

小学館の女性誌が、マンションとコラボレーション!

「オーベルグランディオ三郷中央」誕生!

 

広告主:大成有楽不動産 企画・運営 株式会社日本経済社
掲載媒体:2016/7/12 日経新聞 朝刊
========================

マンションの広告なのですが、Anecan専属モデルの
有村実樹さんが、全面に出ています。

この人の笑顔があってこそ成り立つ「キャッチ」です。

ただ、きれいな部屋の写真や、あまりキャラがわから
ないモデルの写真では、訴求力が弱いと思います。

ライフスタイルのシンボルとなる人のリアリティが
あってこそです。

ふつうのマンションではもう売れない。ライフスタイ
ルを売るなら「選ばれる」ということです。

「きれいにくらす」は、コトバ的には、なにげないで
すね。この有村実樹さんといっしょに出てくると、その
世界観がとてもリアルに感じられます。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

世界観、ビジュアル、キャッチの一貫性を考える。

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です