つかむ広告のコツ(29)いつもの食事には、糖質が

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが選ばれる大きな要因です。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

いつもの食事には、糖質がたっぷり。

 

 

 

糖の吸収を抑える
富士フイルム
「メタバリアスリム」

 

 

広告主:株式会社富士フイルム ヘルスケアラボラトリー
掲載媒体:2016/7/9 日経新聞 プラスワン
========================

キャッチフレーズで、いまの問題点を明確化して
います。

そして、わかりやすくビジュアル化もしています。

この広告には、ご飯1杯、麺一皿、ショートケー
キ1個が、それぞれに角砂糖で何個分かを図解して
いるのです。

この製品はそんな糖の吸収を抑える健康食品ですね。
(正確には機能性食品)。

いつもの食事がほんとにポピュラーです。そして、
その危険性(糖質)のビジュアル化もわかりやすい。

問題を絞り込み、単純化、明確化することで、
多くの人をガッチリつかんでいます。

ターゲットはしぼりこめとよくいいますね、でも
「つかみ」は、これぐらいわかりやすくていいのです。

これは「話題の焦点」をしぼりこんでいるんですね。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

 

問題を、あえて単純化したらどうなる?

 

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です