魚を食べる日も・・・ つかむ広告のコツ(35)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒でお客様のココロを、つかむコツ。

あなたに、お届けします。

26年の経験から、
テクニックの奥にある「本質」をお届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

魚を食べる日も、
食べない日も、
青魚のサラサラ習慣。

 

 

大正DHA・EPA

 

 

広告主:大正製薬株式会社
掲載媒体:2016/7/26 日経新聞 夕刊
========================

健康食品の通信販売の広告です。魚が、右側に写っ
ています。

キーワードは「青魚のサラサラ習慣」ですね。
そんな良い状態を連想させる。

それを手に入れるために、このサプリをとりま
しょうということですね。

その手前に、魚を食べる日も、食べない日もという
誰もが思い当たるキーワードが入っています。

「日常への共感」から、「理想の状態を連想させる
キーワード」へ導いているのです。

こんな短い中で、ここまでの芸当ができるのが、
キャッチフレーズのすばらしさですね。

この場合は「DHA・EPA」が高配合というのが
ハードな売りです。でも、それだけだと、共感でき
ないので、欲しくならないのです。

ましてや、競合の多いこの分野。いかに「共感」を
ひきだすかがポイントになっています。


あなたのビジネスを、超刺激する!
今日の「キャッチフレーズマーケティング」のポイント:

 

 

あなたが連れて行きたい「世界」は、どこ?

 

 

これが、今回のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

 

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です