50代。上がれば・・ つかむ広告のコツ(30)

キャッチフレーズは、情報があふれる時代に
あなたのビジネスが成功するための最重要パーツです。

コピーライター26年、コンサル13年の
荻野が、キャッチフレーズと
共感価値(あなたのビジネスが選ばれる理由)の
ポイントをお伝えします。
最新の新聞またはメルマガバックナンバーから

あなたの成功のために、

3秒で、お客様のココロをつかむコツ。

あなたに、お届けします。

※この記事の最後に、秘密のご案内があります。

========================
■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

50代。上がれば無敵。

 

 

たるまない毎日へ。
Liftage

 

広告主:サントリーウエルネス
掲載媒体:2016/7/11 日経新聞 夕刊
========================

美容系のドリンクの広告です。やはり通信販売。
広告主はサントリーウエルネス。

サントリーの通販会社ですね。やはり、広告づくり
うまいです。

ターゲットの絞り方、そして、コトバの切り方。
ポジティブなイメージを感じさせながら、問題点も
共有できています。

「何が、上がるの?」と男性はぼけてしまいそう
ですが、女性にはしっかり伝わります。

とくにターゲットとなっている50代以降の女性
には・・・。

こういう切り方は、コピーの勉強だけではダメです。
小説や詩に多少なりとも親しんでいないとできません。

コトバを削ると、読んだ人の想像力がはたらくのです。
「間」ができるのですね。

そうすることで、参加性がうまれます。(つまり、ツカ
ミ力は強くなるのです。)


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

もっとコトバを削ってみたら?

 

 

これが、今回の「キャッチフレーズ」のポイントです。

 

超コンサル
荻野功一朗

追伸:
↓↓無料メールセミナー公開中。↓↓
共感価値の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です