ザ・コピーライティング

どうして日本の女性は・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】46

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

どうして日本の女性は、

□はれぼったい?
□あいくるしい?
大きな瞳だけがかわいらしいなんて、
誰が決めたの?

□白髪?
□華やか?
なぜ女性は白髪になることを
イヤがるのでしょうか?

□いらないもの?
□チャームポイント?
ほんとうに、“シミひとつない肌”だけが
美しいの?

DOVE
広告主:DOVE
掲載媒体:2005/12/10 日経新聞 朝刊
=================================

おはようございます。今日は、メルマガ配信おくれてしましました。
すみません!

さて、この化粧品の広告、直接売ると言うことは、していないのですが、
この広告には新しさを感じます。

結論からいうと、「見た人と」対話することで、共感の土壌をつくろう
という試みをしているからです。

見ての通り、この広告のターゲットである「日本の女性」のみなさんへ
その美しさへの考え方について問いかけているのです。

そして、さらに、インターネットでの意見投票も呼びかけています。

もちろん、最終的には、商品を使って、「Doveのうるおいケア」
をしてもらわなくては売上げにはなりません。

しかし、その前段階として、かなり「見た人」からの能動的な参加を
ひきだそうとしているのがわかります。

まえから、このメルマガでも何回か言っていますが、見た人にいかに
参加してもらうか。

そういうことで、「つかみ」や「売上げ」が違ってきたりするのです。
はっきりいって一方的なメッセージでは、難しい時代になっているの
です。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

見た人に、意見を言ってもらおう。

 

 

>