ザ・コピーライティング

風を設計する・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】10

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

風を設計する

 

 

風を設計すると、夏でも涼しい。

住友林業

 

広告主:住友林業
掲載媒体:2006/8/17 日経新聞 朝刊
=================================

このキャッチフレーズ一目見て、何が伝わりますか? たぶん、ふたつ
あるのですがどうでしょうか?

ちょっと、考えてみてください・・・。考えました?

ひとつめは、「気持ちよさ」ですね。これは、たぶんすぐわかりますよね。

そして、ふたつめは、「意外な感じ」です。風と設計が組み合わされてい
る。これは、ふつうありえない組み合わせです。

このありえなさ、意外性が、「つかみ」になっているのです。と同時に、
「気持ちよさ」を伝えることで、商品の良さも伝えているわけです。

こういうのを、同時にやってしまうのが、プロの違いですね。そこにキャッ
チフレーズの真骨頂があります。

つまり、人を惹きつける意外性と、商品の良さが同時に伝わっていく、
つかむだけでなく伝える。これを短いフレーズに込めていくのが、いい
キャッチフレーズです。

とはいえ、それを生み出すまでには、やはりテクニックと、何百という
試行錯誤が必要です。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

意外性と、商品の良さを同時に表現すること。

 

 

>
Success message!
Warning message!
Error message!