ザ・コピーライティング

日本人の二人に一人が・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】35

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

日本人の二人に一人が感染している、あのピロリ菌。
胃の健康に大きな関係があるのをご存知ですか?

 

あなたの健康に、
プロバイオティクスの力を。
乳酸菌でリスクと戦う
MEIJI

 

広告主:明治乳業
掲載媒体:2007/1/16 日経新聞 朝刊
=================================

これってクドクドしいコピーですね。でも、中小企業のみなさんや、
広告やホームページで売ることを目指しているみなさんは、こういう
コピーを参考にするべきです。

このコピーのように、状況をつくりだす。あるいは、状況の確認から
入らないといけないのです。

この場合は、ピロリ菌を思い出してもらわないといけないし、これを
読む人といかに関係があるかを認識してもらわないといけない。

なので必然的に、こう長く、クドクドしくなってしまうのです。

キャッチフレーズって短ければいいと思われていますがそれは、
目的と状況によって違うのです。

状況を読んで、長くするか、短くするか。その広告の目的が
果たせるかどうか、そういうことも考えていかないといけない
のです。

売る広告では、こういう作りが大事です。


今日の「つかみ」ポイント:

 

長くても、伝わるキャッチフレーズが正解。

 

>
Success message!
Warning message!
Error message!