ザ・コピーライティング

大人の乾燥肌のために・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】63

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

 

大人の乾燥肌のために、
浸透力にこだわりました。

 

 

 

乾燥肌を改善する、浸透力スキンケア
プレミア

広告主:ロート製薬株式会社
掲載媒体:2003/10/28 日経新聞 朝刊
=================================

小さな新聞広告です。半5段というサイズです。三浦りさ子さんの写真と
製品写真で構成されています。

この場合キーワードは「大人の乾燥肌」です。お客様が抱える問題を、
具体的に言っているので、つかみが強くなっています。

このように特定のニーズへ限定していくことで、確実にそのお客様を
つかむと同時に、具体的であるため、キャッチフレーズに
真実味がでてくるのです。

限定と、メリットがうまくつながっていれば、多くの場合、限定した
範囲以上の人を、巻き込むことができます。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

限定するとリアリティがでる。

>