ザ・コピーライティング

真価は下げ相場で・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】48

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

真価は下げ相場で問われる。
日本初の株式アドバイスセンター。

 

株式アドバイスセンター

広告主:日興コーディアルセンター
掲載媒体:2005/12/20 日経新聞 朝刊
=================================

このキャッチ、あえて不利な本当のことを言ってしまっていますね。参
考にボディコピー(本文)の見出しも見てみましょう。

その中に「ご納得のうえで損していただくことも。」と書いてあります。
その本文には、下手すれば実もフタもないことが書かれています。

「上昇相場のときは黙っていても利益が出ます。問題は・・・・」とい
う部分です。

これって証券会社の広告です。証券会社って、基本的には株をお客さん
に買ってもらって、その手数料で稼いでいます。

なので、株を買ったら、儲かりますよ。とお客さんに伝えるのが、商売の
基本です。法律で、儲かるとはいえないのですが、ホントの所はそういうこ
とになります。

だから、相場が上昇して、儲かった人が多いときは、証券会社は自然にもう
かるのです。

この広告、そのあたりをストレートにいってしまっています。でも、株式ア
ドバイザーとして、お客様本位のサービスを続けるというのがこの会社のよう
です。

カンタンに言えば、株式は儲かりときもあれば、儲からないときもあります。
損をすることもあります。でも、損するときは、最小限になるようアドバイス
します。

みたいなことを、伝えているのですね。

あまり景気のいい話ではありませんね。でも、こういうスタンスの会社は
一定のお客さんをひきつけると思います。

たとえば、いままでけっこう株取引もやってきたけれど、いままでの証券
会社のやり方に疑問をもっている。でも、株取引をやめてしまおうとは思わ
ない。

そういう、お客さんです。一言で言えば、「成熟した」お客さんには、求
められるし、こういう広告、キャッチフレーズのほうがピンとくるのですね。

これは、企業のスタンスをどうつらぬくか、ということでもあるし、いま
の市場の中で、どういう姿勢をとるかによって、こうこいうキャッチフレー
ズ、広告も有効なわけです。

ワザだけの問題ではないのです。いい広告、いいキャッチフレーズは、社
長さんが、お客さんをふくめた市場をどうとらえるかということに関わって
いるのです。


今日の「つかみ」ポイント:

 

成熟したマーケットには、成熟したキャッチフレーズで。

 

>