ザ・コピーライティング

ワコールは・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】45

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

 

ワコールは女性が
美しくなること
ばかり考えています。

 

 

 

広告主:株式会社ワコール
掲載媒体:2003/11/20 日経新聞 朝刊
=================================

企業の使命(ミッション)を、まっすぐに表現していて好感が持てますね。
中身は、右側がインナーウェアと女性の美しさについての記事広告。

左側がひろがる熟年マーケットへのワコールの取り組みになっています。

そして、最後に株主のみなさまへ・・・と呼びかけています。

この広告の目的は、株主候補からの資料請求を求めるもののようです。

この広告のつかみは、企業なのに、それが人であるかのように、
比喩的に表現している点です。

あと、比較的、広告の露出が元々多い「ワコール」という社名も
「つかみ」のポイントです。

ワコールという、知っている名詞に、それを人に例えて、
「〜ばかり考えている」と表現する。

そのことが意外性を演出し、つかみとなっているのです。

あなたの会社やビジネスは、「何」ばかりを、考えているで
しょう?

もし、見つかったなら、そのまま使えます。『わが社は、
〜ばかり考えています。」

ここに一番の得意なこと、集中が表現されていれば
キャッチフレーズできあがりです。


今日の「つかみ」ポイント:

 

 

会社が、人だとしたらと考えて、表現する。

>