ザ・コピーライティング

ホワイトプラン・・・【シン・プロが教える、つかむ広告のコツ】40

By 荻野功一朗

■いい広告
(キャッチフレーズ)

 

ホワイトプラン!

 

 

ホワイトプランなら
¥980
月額基本使用料

ソフトバンク携帯同士、国内の
通話無料
午前1時〜午後9時まで。
上記以外の国内通話は21円/30秒

わかりやすくて、
ワンダフル・プライス。本日スタート!
新料金プラン「ホワイトプラン」
SoftBank

広告主:ソフトバンクモバイル株式会社
掲載媒体:2007/1/16 日経新聞 朝刊
=================================

ストレートなキャッチフレーズですね。商品名が、そのまんまです。

でも、これは、やっぱり、話題のソフトバンクだから、これでいいん
です。

どういうことかというと、さんざん話題になった、ソフトバンクです
から、そこから「新料金プラン」が出た、ということをストレートにだ
せば、みんな振り向いてくれるのです。

こういう状況を考えると、ごちゃごちゃ言うよりも、ひとこと「ホワ
イトプラン!」で ソフトバンクのロゴがあればいいのです。

キャッチフレーズは、現れたものが、いいとか悪いとかいうより、状
況を読む力のほうが、実は大切なのです。

ですから、他の会社が、こういう一発芸をまねしても成り立たないの
です。

あの騒動、あの会社だから、いいのです。

 


今日の「つかみ」ポイント:

 

状況を読み込んで、キャッチフレーズをつくる。

 

>
Success message!
Warning message!
Error message!