ザ・ネクスト・ビジネス, 月商100万円を安定させる方法(キャッチフレーズ・マーケティング2.0)

発見! 売れるコンセプト「3つの力」。

荻野 荻野功一朗

売れるコンセプト3つの条件を探る。

荻野は、われわれに役立つ売れるコンセプトの条件を探りました。われわれというのは、ひとり起業家かそれに近い中小企業、ネット集客がメイン、職種は、コーチ、コンサル、セラピスト、整体系、ヒーラーなどです。「売る物は、オンライン講座やコンテンツを売りたい。起業塾、ビジネス塾、自分の専門分野でノウハウ塾・養成塾などを売りたい。そんな方です。

つまり、われわれは、ネットで集客して、売れ。それなりに、満足の行く売上げをあげるには、50万円以上でも売れる高額商品がつくれて、インターネットでその商品を買いそうな人が集客できる。そんな状態になると、良いでしょう。(良いですよね?)

逆算思考で、ビジネスを設計し、コンセプトの条件を見いだす。

われわれに必要な成果は、売上げとして、月100万円から300万円がコンスタントに売れることです。しかも、そこで売れる物は、粗利が大きい、オンランコンテンツ&サポート型商品が望ましいです。商品単価は35万円から100万円程度。あるいはそれ以上が良いでしょう。

つまり、35万円から100万円程度の商品が、月3本以上コンスタントに売れる。そういう状態が望ましいですね。ということは、その価格でも、売れる商品が必要です。そして、それを求める人を集客する必要がありますよね。

これらが、コンセプトをつくる前提条件です。これを実現するコンセプトの作り方があればいいのです。

コンセプトを元に、高額商品をつくり、売るプロセスを考える。

では、そういうコンセプトを元に高額商品を作って、売るプロセスを考えてみました。

(1)大前提:35万円以上の高額商品を売る。→(2)そのためには、商品にそれだけの魅力と価格納得性が必要。→(3)高額商品の成約率を高めるには、商談の場をもうけ、条件確認をするほうが成約率が高まるので、そういう場(説明会や相談会)を設定すること。→(4)そして、それを欲しい人を集客すること。→(5)欲しい人のニーズを見極めること。となります。

これらの中心となるのが、「高額でも売れる商品」です。さらに、その商品と集客の中心になるのは、高額でも売れる商品がつくれる「逆算コンセプト」です。

コンセプトの働きをまとめると

(1)35万円から100万円程度で「売れる商品」がつくれる。
(2)それを欲しい人を、集客できる。
(3)説明会や相談会などの、商談の場に集まった人を、つれていける。

になります。

これらをわかりやすく「力」としてまとめると
下記の「力」がコンセプトに必要なことがわかります。

役立つコンセプトに必要な「3つの力」

(1)高価値伝達力
(2)集客力
(3)成約接続力

つまり、われわれに必要な、コンセプトには上の3つの力が必要なのです。この3つの力に関しては、ほとんどの方が納得できると思います。結論を聞くと、なるほどと思っていただけるはずです。

でも、こんなこと、誰も教えてくれませんね? いままでのコンセプトのノウハウでは、コンセプトに必要な力を明かしていないのです。だれも・・・。明かしていません。たぶんこれって、スゴイ発見なんです。

この、ネットビジネスを成功させる「3つの力」をもったコンセプトを「逆算コンセプト」と名付けます。次の問題は、この「3つの力」をコンセプトに込める方法です!

さらに、「3つの力」を、コンセプトに実装する方法とは?

売れるために必要な「3つの力」を、コンセプトに実装する方法。それは、4つのエレメントを、使えるリソース(あなたの経験、スキル、ノウハウなど)から、引き出し、それをコンセプトで使うことです。

「逆算コンセプト」をつくる方法は現在非公開です。

興味のある方はメルマガ【成功   オギノ印】へご登録ください。

>
Success message!
Warning message!
Error message!