ザ・ネクスト・ビジネス, 月商100万円を安定させる方法(キャッチフレーズ・マーケティング2.0)

前に進めない「積み上げ思考」と、願いを叶える「逆算思考」とは?

 荻野功一朗

このブログへようこそ。
キャッチフレーズ・マーケッター
荻野功一朗です。

毎月の売上げを思い通りに実現する方法?

毎月の売上げを、たとえば、 100万円から300万円あるいは1000万円でもいいのですが。 それを、達成する方法があります。

知りたいですか? 知りたいですよね?

お教えします。それは「逆算思考」を、使うことです。

たとえば、月に300万円売上げが欲しい。それなら、3万円の商品を100人に売ればいい。あるいは、月に100万円売上げが欲しい。それなら、3万円の商品を33.3人に売ればいい。 でも、これって現実的ですか?現実的とは、いえないですよね?

だとすれば、商品単価を30万円とか50万円に、できないでしょうか?これなら、3人に売れば90万円、あるいは 150万円の売上げですね。 あなたが、ひとり起業家なら、 ひとまず満足できる売上げだと言えるのではないでしょうか?

ここで、おうかがいします。 100人に売るのと、3人に売るのと、どちらが簡単ですか?もちろん3人ですよね。なので、商品単価30万円とか50万円とか、100万円とかでも。バンバン売れる商品が必要だということがわかりますよね?

これが、たとえば「逆算思考」のいいところなのです。

積み上げ思考では、3万円の商品を33.3人に売ろうと発想します。でも、はじめからムリ筋なので、やる気がなくなります。(笑)結果、起業は成功しません。これが「積み上げ思考」の罠です。

50万円の商品が必要だとわかったら。次は、50万円でも「売れる商品の作り方」を見つければいいのです。「逆算思考」とは、そういうことです。これなら成功できます。

ところで、売上目標を設定していますか?

成功したいなら、売上げ目標を決めてください。少し高めの目標がいいです。起業初心者でもコーチ、コンサル、セラピスト起業でも・・・。ベテランでも・・・

なぜなら、もし、あなたが望みの状態を手に入れられないのなら、その原因は「積み上げ思考」をしているからです。

もし、あなたが起業・ビジネスで、望みの状態を得られていないなら?

仕事で、成果を上げようとしたとき、ついつい「積み上げ思考」で考えてしまいます。これは、日本の学校教育や、いままでの会社システムで、発想をしばられているからです。たとえば、起業を考えている方はいまよりも自由を求めているはずです。

そもそも、いままでの状態が、苦しいから起業したいはずです。もっと、自分に合った仕事で、もっと自由に働きたいと思っているから起業をしたいと思っているはずです。

あるいは、子育てが終わった女性なら、このまま人生終わりたくない。ママや妻の役割だけじゃ、息が詰まりそう。自分らしさを求めて、起業を志しているはずです。

それなのに、自分の起業後のビジネスも、誰かにスキル与えてもらったり、儲け方を与えてもらったりしようとしています。もちろん、早く行きたい場所に行くためにそういうものが役立つと思うなら利用すればいいと思います。でも、「逆算思考」でやってください。 逆算思考は、ただ単に、高い目標をかかげれば いいという物ではありません。

 

ここで考えなくてはいけないことが2つあります。

 

(1)お客様は、そんなあなた (たえば、どこかの スキルを習っただけ)を選ぶのかということ。

 

(2)与えてもらった、 ビジネスのやり方だけでは「積み上げ思考」というより 「雇われ人思考」だということ。

 

なので、多くの人が「有名起業塾塾」や「スキル塾」にはまるのです。自由を求めているのに、別の束縛に頼ろうとしているのです。結果、こんなはずじゃなかったと、お金をドブにすててしまうのです。積み上げ思考の場合、いま現状にあるものや今の考えで「とりあえず」行動するので、後からいろいろと足りてないことに気づきます。

 

まず、「商品作りに」盲点があります。もっと、自由に商品作りはできます。たとえば、商品で使うノウハウや、コンテンツは、けっこうあなたの人生経験から、ひねり出せます。そして、そういうノウハウ、コンテンツは、100%自分のものでなくてもいいのです。(おすすめは、自分の経験やスキル、得意をベースに、何かをどこかから仕入れて、組み合わせるのがいいですね。もちろん、自信のあるかたは、ご自身の手持ちのもので大丈夫です。)

 

つまるところ、「商品」は、お客様が、欲しいと思えて、満足してもらえればいいのです。売れる要素を、つめこめればいいのです。かといって、仕入れた物そのままでは、魅力はありません。その上で、 いままでにない、ありそうでなかった「コンセプト」が、必要になってきます。切り口ですね。

 

ポイントは「高額商品」を 自由に発想すること。

そして「高く売れる」条件を知り、 その商品のコンセプトに組み込むこと。

 

もしも、いまの売上げに「月100万円以上を、ほぼノーリスクでプラスすることができればうれしい。」と、考えるなら「売れる「オンライン型高額商品」(スクール形式、塾形式などがおすすめ)をつくって、インターネットで販売すると、うまくいきます。

あなたの成功に、いちばん足りないのは、あなたの商品オリジナルの「売上げから逆算するコンセプト」なのです。

そうです「逆算思考」でコンセプトもつくればいいのです。

>
Success message!
Warning message!
Error message!